2010年10月05日

お礼にかえて・・・

長い間、このブログを読んで下さった皆様、本当にありがとうございました。

ブログを始めて良かったこと・・・

この数年、日々、沢山写真を撮るようになった事です。

すべてがブログに反映されてはいませんが、エリーが亡くなった今、数えきれ

ない日常風景のエリーの写真と思い出が残っています。

そして、亡くなった時もみなさんの温かいコメントで励まされました。

同じくペットブロガーの皆さん、ご自身のワンちゃんネコちゃんを大切に、写真

を沢山とって、これからもがんばって下さい。

亡くなって3ヶ月、この辺で新しくブログを引っ越ししました。

                 下下下下

  「空の下から・・・愛しのエリーへ

「トゥインクル・エリー」のブログも大切な思い出なので、ページはこのまま

にさせていただこうかと思っております。

本当に長い間、ありがとうございました!!


ニックネーム elly at 13:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

ハッピー バースデー!!

エリー、お誕生日おめでとうぴかぴか(新しい)

生きていたら13歳だったね。

Elly photo 151.jpg

洞爺駅前のパティスリー・ヴァイオレットのケーキ。

お腹いっぱい召し上がれ。

今頃海君に祝ってもらってるかな?
ニックネーム elly at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

四十九日と一周忌

今日はエリーの四十九日です。

そして昨日(20日)は、エリーの生涯の恋人海君の1周忌でした。

偶然にも1日違い。

亡くなってからも仲良しの2匹ですハートたち(複数ハート)

昨日は海君ファミリーが伊達まで来てくれ、我が家で合同法要をしました。

Elly photo 011.jpg

四十九日が過ぎ、これで本当に天高く逝ってしまうのでしょうか?

でも、海君がちゃんと迎えに来てますね?

哀しいけれど、今頃海君とまた仲良く寄り添っていると思うと安心します。

Elly photo 023.jpg

上お久しぶりのルパン君。  話はあの失踪していた5日間の事ばかり。

本当に無事で、元気に戻ってきてくれて良かった!!

きっと海君とエリーが守ってくれたのだと・・・・

今は、ペットショップはもちろん、ドラックストアー等のペットコーナー

を避けて通っている毎日ですが、ルパン君を撫でると懐かしい犬の感触・・・

寝る前のルパン君とのお散歩は、パパとリードの奪い合いでしたわーい(嬉しい顔)


ニックネーム elly at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 伊達日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

四十九日を前に・・・

早いもので、21日はエリーの四十九日です。

初盆には伊達までお線香をあげに来てくれた方々、

札幌の自宅に戻った時、弔問に来てくれる友人、

いまだに届くエリーへのお花・・・

エリーの事を忘れずに覚えていてくれる方々に日々感謝の毎日です。

エリーのお骨はしばらく納骨せず、そばに置こうと思っています。

転勤が多いのがその理由です。

エリーを火葬した場所は伊達ではなく、お隣の室蘭を通過し、

登別の「浄葬苑」で行いました。

オーナーさんがご自分の飼っているペットをきちんと火葬するため

に作ったそうです。

そちらに納骨堂もあるのですが、やはり納骨するなら自宅のある札幌と思い、

しばらくは生きていた時と同じように、転勤先を一緒に回ってもらおうと思って

います。

Elly photo 077.jpg

↑今日届いたお花、ありがとうございます。
ニックネーム elly at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊達日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

エリーからの電話

7月4日、エリーの訃報を聞いて伊達まで駆けつけてくれた皆さん、

本当にありがとうございました。

その中で海君ママの不思議なお話です。

その日、自宅2階で寝ていた海君ママ、朝の5時10分頃、電話のベルの音で

目が覚めたそうです。 1階に降りて携帯と自宅の電話を確認したが着信があっ

た形跡はなし・・・・

そしてそのベルの音は自宅や携帯の着信音とは明らかに違っていたので

不思議だと思っていたそうです。

エリーの訃報を聞いてすぐに伊達に来てくれた海君ママファミリー。

我が家の電話のベルが鳴った時、「この音だ〜〜〜!!」っと・・・

海君が 「おかぁしゃん、エリーちゃんを連れていくね・・」と知らせてくれたのか、

エリーが「私は海君の所に行くけど、ママは頼りないから力になってあげてね・・」

とお願いの意味も込めて、我が家の電話の音で知らせたのか・・・

病院で亡くなってしまったエリーが、せめて自分の旅立った時間を知らせたかっ

たのかもしれません・・・

お通夜の晩、泊まっていってくれた海君ママファミリー。

お客さんが大好きだったエリー。  エリーを囲んで最後の宴会・・・・

DSC_0044.JPG

その夜は、パパと2人でエリーに寄り添いながら寝ました。

私はやはり1晩中寝れず、明日にはもう触れられなくなってしまうエリーの

事をずっと撫ぜていました。

すると・・朝5時10分頃、2階で犬の走る足音が・・・ しっかり聞こえました。

最初は泊まっているルパン君が起きたのかな?と思いましたが、後で聞くと

寝ていた部屋はドアも閉めてたし、ルパンは熟睡していたとか・・・

エリーちゃん、知らせてくれたんだね。

今でも私達はエリーが5時10分ころ旅立ったものと信じています・・・


ニックネーム elly at 13:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 伊達日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと1か月・・・

エリーが亡くなって、やっと1か月が過ぎました。

とても長かった1ヶ月・・・

エリーちゃん、海君・・・  ルパンを守ってくれて本当にありがとうねぴかぴか(新しい)

何より、ルパン!!  君に一番感謝。 無事でいてくれてありがとう!!

CA9BRV5W.jpg


?????????x??.jpg


ニックネーム elly at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊達日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

昨年の今頃は・・

毎年作っているカレンダーの今月の写真は、エリーと海君。

昨年の今頃、小樽の「オタモイ」海岸で元気に泳いでいた写真カメラ

今頃は、大好きな海君と天国で一緒にいるよね・・・

Elly photo.jpg


ニックネーム elly at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊達日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

初七日

早いもので、今日はエリーの初七日です。

あまりにも突然の出来事だったので、私もパパもショックから立ち直れ

ずにいます。

祭壇のエリーに話しかけ謝る毎日。

悲しさは日に日に増すような気がします。

Elly photo 003.jpg



今でもエリーの使っていたクッションやフードボール、玄関にはお散歩用バック

とリード数本が壁にかかっていて、何もかもエリーが生きていた頃と同じ状態。

一つも片ずけられずにいます・・・・・

初七日のお花はスモークツリーにしました。

札幌の自宅だと今頃はお花がいっぱい咲いていて、スモークツリーも植えて

いるのに・・・   伊達の家は庭がないのが寂しいですね。
ニックネーム elly at 15:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 伊達日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

エリーちゃん、今までありがとう

この12年間はあっという間でした。

エリーに沢山の幸福をもらいました。

訃報を聞いて、沢山の人たちが札幌から伊達までエリーに

お別れを言いにかけつけてくれました。有り難うございます。

最後に後悔が残るのは、エリーの最期を看取ってあげられなか

ったことです。

あんなに何度も、「パパとママがちゃんと最期まで傍にいて看取る

からね!!」とエリーに言っていたのに、あっけなく一人で逝って

しまいました・・・・・

普段はあんなにいつも一緒にいたのに・・・

最期に傍にいてあげられなくて本当にごめんね・・・エリー
                     
                            (エリーママ)

エリーマイラブ.jpg

 エリーパパより

  「エリーおいで」と声をかけると、落ち葉輝く公園や広い雪原、若草

が萌えるドッグランの片隅から、嬉しそうに走ってくる姿が、頭の中を

走馬灯のように駆け巡ります。

  これまで、仕事や宴会で帰宅が午前2時、3時といった深夜になっ

ても、エリーは寝床を置きだして、迎えてくれました。伊達に来てから

は、エリーもお祭りなどの取材に同行してくれ、会場のアイドルになっ

て、ずいぶん場を和ませ、仕事をしやすくしてくれました。この約13年

間、私が疲れ、悲しみ、怒り、喜び、笑い、酔っぱらい、そしてだらしな

く寝ている間も、いつもエリーはそばにいてくれました。私が偉そうな

飼い主なのではなく、エリーは私の母のように私を見守り続けていて

くれたのだと、今頃になって気付き、感謝している体たらくです。

  生老病死の四苦から、凡夫は逃れようもありません。今はたくさん

泣いて、落ち込んで、悲しむしかありません。この文章を書いている7

月4日の今夜はお通夜です。花に囲まれているエリーに添い寝すると、

空耳で寝息が聞こえてきます。思わず、「さあ、外へトイレに行こう。寝

てばかりじゃだめだよ」と声をかけてしまいます。最近、寝てばかりいた

エリーがいつも通り、横になっているとしか思えないのです。骨になって

自宅のエリーの場にぽっかり穴があいた時、悲しさを肌で感じるのでし

ょう。

何もかもありがとうエリー。そしてごめんね。

この拙いブログを読んでくれていた皆様にも心から感謝します。


 
ニックネーム elly at 19:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 伊達日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虹の橋

今朝、エリーが虹の橋を渡りました。

具合が悪くなってから4日目でした。

今まで、ブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

今はまだ信じられません。

詳しい経緯は気持ちが落ち着いてからご報告したいと思います。

今までエリーを可愛がり、心配してくださった皆様、

本当にありがとうございました。

ブログ.jpg
ニックネーム elly at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊達日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする